注目記事
ネクタイの選び方形・種類・生地・色編

この記事ではネクタイを選ぶ上で最低限押さえておきたい形・種類・生地・色について解説しています!

 

とにかくスグにどのネクタイを買えばいいのか知りたい!!

という方の場合は、こちらのリンクからご移動下さい!

シーン別の結論がすぐにわかります(^^)/

スポンサーリンク

ネクタイの形種類

レギュラータイ(ダービータイ)

レギュラータイ

出典引用:OZIE

解説
  • 型と種類に迷ったらこれ。間違いがないです。
  • スーツとの相性抜群。
  • 就職活動、新入社員、中堅社員、ベテラン社員とどのランクでも適応。
  • 冠婚葬祭も使えます。
  • 同窓会、デートシーンにも問題なく使えます。

ネクタイ界のド定番!

流行りだしたのは、米国の貴族のダービー卿が好んで着用していたそうです。

競馬場で着用するイメージは今はありませんが、

当時は競馬関連で流行だったんですかね?

レギュラータイ2

出典引用:OZIE

幅が7~8cm程度のものをレギュラータイ(ダービータイ)

最も基本なタイプなので、汎用性の高く、よく目にするタイプです。

間違いのないネクタイの種類なので基本何にでも合います。ビジネススーツとの相性が最も高いですね。

幅が10cmを超えるものはワイドタイと呼ばれていて、

ワイドタイの場合は

重厚感が出て、安定感、信頼性を獲得したい時に大きな効果を発揮します。

ナロータイ

ナロータイ

出典引用:OZIE

解説
  • レギュラータイプより細い。
  • レギュラータイプより軽さが出てスッキリした印象になる。
  • カジュアルにオシャレに見える使える。
  • 社会人で入社2-3年目になると、急に付けだす人が増える。(個人の感想)
  • 活発な積極的な人がつけていることが多い。
  • パーティーやデートシーンで活躍。

大剣の幅が4~6cm程度と、レギュラータイよりも幅が細いスリムなものです。

『narrow』は日本語で『幅が狭い』という意味です。

ナロータイ2

出典引用:OZIE

蝶ネクタイ(ボウタイ)

蝶ネクタイ

出典引用:OZIE

解説

  • 特別な日につけるイメージ
  • 結婚式、パーティーにオススメ
  • 普通のネクタイと違うオシャレな雰囲気を楽しめるアイテムとしても人気

他にも、

  • 蝶ネクタイ
  • ボウタイ
  • バタフライ

    など、いくつか種類と呼び方があります。

     

    基本的にフォーマルシーンで使用されるものですが、

    最近ですと、お笑い番組などでやたら目立つ蝶ネクタイを付けている芸人さんが出てきたり、

    結婚式の余興や学校での文化祭などで、コメディー的なシーンでも見かけますね。

    オシャレや着こなしのアイテムとしてもじりじり人気が高まっているなぁと感じてます。

    アスコットタイ

    アスコットタイ

    出典引用:https://www.ozie.co.jp/base/tie02.html

    解説
    • モーニングコートやディレクターズスーツなど礼服で着用されます。
    • 結婚式、パーティーにオススメ
    • 普通のネクタイと違うオシャレな雰囲気を楽しめるアイテムとしても人気
    • エレガントな雰囲気を出したい場合のアクセントとしてオススメ。

    スカーフのようにも見えますね。

    ネクタイの形/種類の中で最も胸元にボリュームが出るタイプで、

    見た目がとっても華やかです!

    アスコットタイ2

    出典引用:OZIE

     生地選びのポイント

    シルク

    シルク

    出典引用:The Style Dictionary

    解説
    • 迷ったらこれ。
    • 汎用性高い。
    • ビジネスシーンには最も一般的。
    • 間違いない生地。
    • 結び目がほどけにくい。
    • オールシーズンで活躍。

    ウール

    ウール

    出典引用:The Style Dictionary

    クイック解説
    • 秋冬用にはピッタリ。
    • 優しさや暖かい印象を与えます。
    • 自分も暖かく感じます。
    • 春夏用としては、暑苦しい印象を与えてしまう点注意。
    • 季節感を出せるのでワンランク上の印象になり周囲からの評価アップ。
    • スーツは光沢のない物を選ぶと相性がいいのでオススメ。
    • カジュアルな印象なので、フォーマルなシーンには注意。

     

    リネン(麻)

    リネン

    出典引用:The Style Dictionary

    クイック解説
    • 春夏にオススメ。
    • 涼し気な印象を与えます。
    • 自分でも涼しい気分になります。
    • 光沢のないスーツに合わせるとGood!!。
    • シワになりやすい点に注意。

     

    ニット

    ニット

    出典引用:The Style Dictionary

    クイック解説
    • 上品さとオシャレを兼ね備えた上級者生地。
    • 軽やかな雰囲気でフットワークの軽さをアピールできます。
    • 基本的には春夏にオススメだが、色合いにより秋冬も使用可能。
    • 社風的にNGな場合があるので、迷ったら先輩にでも相談してみよう。

     

    フレスコ

    フレスコタイ

    出典引用:The Style Dictionary

    クイック解説
    • 春夏にオススメ。
    • シャリ感やハリ感がある。
    • カジュアルシーンで活躍。
    • 透け感が涼しさを演出。
    • 自分も涼しく感じる。

    ネクタイの柄選びのポイント

     

    無地柄

    無地

    出典引用:The Style Dictionary

    クイック解説
    • 品格や誠実を表します。
    • 親和性・コーディネートしやすいので人気が高い柄です。
    • オススメの組み合わせは『紺』と『青シャツ』安定感があって落ち着いている雰囲気になります。

     

    ストライプ(レジメンタル)柄

    ストライプ

    引用出典:Global Style

    解説
    • 爽やかで勤勉な印象を与えます。(※柄の幅が広いものはよりカジュアルになります)
    • 知的な印象にもなるので、就職活動や商談プレゼン等に向きます。
    • バリエーションが豊かなので、フォーマルシーンでもカジュアルシーンでも大活躍。

     

    小紋柄のネクタイ

    小紋柄

    引用出典:Global Style

    解説
    • 知的、控目、上品な印象を与える柄です。
    • 契約や打ち合わせに向きます。
    • (テクニック)柄が大きいと、ガジュアルな印象 → オシャレ!
    • (テクニック)柄が小さいと、クラシックな印象 → 古典的!古き良き!
    • (注意)柄がとても大きい場合、柄というか紋章の場合はパーティー向きです。

     

    ドット柄のネクタイ

    ドット柄

    引用出典:Global Style

    解説
    • 格式が高く上品で落ち着いたな印象を与えます。
    • 近年ではカジュアルなデザインが多いです。
    • 季節感問わず楽しめる柄です。
    • (テクニック)柄が大きいと、ガジュアルな印象 → オシャレ、明るさ!
    • (テクニック)柄が小さいと、フォーマルな印象 → 真面目、落ち着き!

     

    ペイズリー柄のネクタイ

    ペイズリー柄

    出典引用:Global Style

    解説
    • 独特、個性的、存在感のある印象を与えます。
    • 毎年、トレンド柄としてフォーカスされているので、時代に流れに左右されない柄として人気。
    • 上級者向き。

     

    チェック柄

    チェック

    引用出典:Global Style

    解説
    • 親近感があって明るい印象を与えます
    • カジュアルな柄で周りから親しまれやすいです。
    • (注意)派手な柄が多いため、ビジネスシーンで使用する際は落ち着いた柄を選ぼう。
    • デートシーンやパーティーシーンにオススメ。
    • 知的で共感を与えやすい柄なので、教職やコンサルタントの方々にオススメ。

     

    ネクタイの色

    赤系

    解説
    • 力強くて行動的、情熱的な印象を与えます。
    • 自分も、力が湧いて行動力が増します。
    • ビジネスシーンにおいて迷ったらの色!

    オレンジ系

    解説
    • 強い肯定的な印象を与える柄です。
    • 周囲に元気や勇気を与えます。自分も同じように感じます。
    • 自分でもとにかくやる気を出したい時、相手に猛アピールしたい時にオススメ。

    イエロー系

    解説
    • 周囲のモチベーションを上げてくれます。
    • 場を盛り上げたい時のオススメ!
    • 自分も楽しい気分になりたい時にオススメ。心がウキウキしてくる色です。

    ブルー系

    解説
    • 知的で落ち着いた印象を与えます。
    • 水・海・空など規模の大きい自然を連想させるので器が大きい印象を与えます。
    • 自分では、落ち着きたい時やミスを減らしたいべ面で効果を発揮します。
    • ビジネスシーンにおいて迷ったらの色!

    ピンク系

    解説
    • 優しくて柔らかい印象を与えます。
    • 場を和ませる色です。
    • 自分ではオシャレさをアピールする時や殺伐とした場所に潤いを与えます。

    ブラウン系

    解説
    • 安心感、安定感、落ち着きのある印象を与えます。
    • 自分では集中したいとき、しっかり腰を据えて仕事がしたい時にオススメ。
    • 何かのお誘いを柔らかくお断りたい時にオススメ。

    ブラック系

    解説
    • 何色にも染まらない色、安心感、真面目な印象を与えます。
    • ちょっとした衝撃やトラブルで動じない安定感のある印象を与えます。
    • 2つの意味で、引き締め効果があります。
    • ①体が引き締まって見えます。(目の錯覚的な意味で)
    • ②周囲にも程よい引き締め効果(程よいプレッシャーで場が締まる)
    • (注意)無地と組み合わせると葬儀や告別式なので何か柄物と組み合わせよう!

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    ネクタイの形・種類・色・柄をおさえれば、

    もうネクタイはほとんど攻略したも同然。

    周囲からも一目置かれること間違いなしです!

     

    お仕事を始め、お友達と会ったり、恋人とデートしたり

    その日事に、何を最優先したいのか、何が大切なのか

    人それぞれあると思います。

    ぜひぜひ、その想いをネクタイにも乗せてみてください。

     

    余裕のある方は、

    この記事の上の方に載せておいたリンクから『歴史や始まり』についても

    読んでおくと良いですよ!

    タイミングを見計らって、知的さをアピールしましょう^^b

     

    この記事があなたの大切な1日のお役に立てると嬉しく思います。

    最後まで読んでいただきありがとうございました(__)ノ

     

     

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    記事の更新情報やあなたに役立つ情報お届けします。

    記事の更新情報やあなたに役立つ情報を発信します⇒

    おすすめの記事